新たな金融商品の開発

金融商品の開発や提案

金融商品の開発に関して

金融商品の開発に関しては、例えば銀行などの場合には、一般社員などがそのような新しいタイプのものを開発出来るのではなく、例えば本社に勤務している企画部門などの社員がこのような新商品のアイディアを出して、それが通れば、その銀行などで新しいタイプのもの、として扱われるようになっています。金融機関の場合には、例えばキャンペーンなどを行うことは、基本的にその会社の支店でも、トップの社員が許可をするか否かでキャンペーンは実施されますが、新しいタイプのものになると、色々な規制などがあるため、本社の社員でなければ、まず、提案することは難しいです。

実物資産へ投資をする金融商品

金融商品としては、実物資産へ投資する種類があります。実物資産としては金や銀、プラチナなどの貴金属が存在しています。金は世界景気が不安定になった時に買われる傾向があります。一方、銀やプラチナは工業用として使わることが多いため、世界景気が好調になると買われる傾向があります。次に実物資産としては原油やガソリンなどのエネルギーがあります。原油は産油国の供給が多くなると値下がりをする傾向があり、減産が決まると価格が上がっていくことが多いです。次にトウモロコシや大豆などの食料品も金融商品として扱われています。食料品は天候によって価格が上下に動くことが多いです。

↑PAGE TOP

Copyright © 金融商品の開発や提案 All rights reserved